フォーカス

謎多きアパレル買い付けの本拠地、深夜の東大門市場に潜入

 韓国について調べ始めた頃、「韓国のECブランドは普通在庫を持たない」と教えてもらった。聞けば、毎日入った注文分だけをソウルにある東大門(トンデムン)市場で買い付けるのだという。しかし、在庫があるかもわからないのに注文を受けることが可能なのか。そもそも、東大門市場とはどんな場所なのか。それを確かめるため、実際に東大門市場を利用する企業に協力してもらい、深夜の東大門市場に足を運んだ。

 東大門市場には巨大なショッピングモールがいくつも並んでおり、一般人が来ても購入ができる小売り専用のモールと、業者を相手にする卸専門のモールがある。外見からはわからないが、中に入ると小売り専用のモールはいわゆるショッピングセンターであるのに対して、卸専門のモールは通路が狭く、所狭しと在庫が積まれたバックヤードのような構造になっている。モールごとにも出店工場の特色が分かれており、大まかに欲しいテイスト、価格帯によって訪れるモールが分かれているらしい。

 また、東大門市場には20時から深夜2時頃まで営業する夜市と、深夜0時から翌朝8時頃まで営業する朝市があり、それぞれのモールで営業時間が決まっている。ECサイトのオーダーを18時頃に締め切り、翌日発送のオーダー分をまとめて電話で発注をするため、市場はこの時間の営業になる。すでに付き合いのある企業と工場なら、電話予約だけで夜中にピックアップをしに行くということも可能だ。ちなみに、朝市のモールの方が単価が安く、見せ方も若干雑な印象を受けた。