ファッション

最上級品質のイタリアブランド「ロロ・ピアーナ」が東京・銀座中央通りに路面旗艦店をオープン

 最上級品質の素材使いで知られるイタリアブランド「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」は6月1日、東京・銀座の並木通りに構えていた銀座店から移転する形で、新たな旗艦店を銀座中央通りにオープンした。目印は建築家の青木淳が手掛けたファサードで、ブランドカラーのクンメル色のスカーフに見立てたデザイン。場所は松屋銀座の向かい。隣には同じくLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の時計ブランド「ウブロ(HUBLOT)」の旗艦店が並ぶ。

 店舗面積655平方メートルで4フロアからなる店内は、1階にメンズとウィメンズのテキスタイルアクセサリーと革製品、2階にウィメンズウエア、3階にメンズウエア、最上階の4階に幅広いカスタマイズサービスを提供するVIPルームを設ける。インテリアはニュートラルなトーンに統一し、内装の素材の約85%が「ロロ・ピアーナ」のインテリア・コレクションのファブリックを用いて、触感的、視覚的に素材を楽しむことができる空間になっている。オープン直後のエントランスのウィンドーには、和紙で作られた藤の木のインスタレーションが施され、同ブランドと日本との深い絆と、自然に対する敬意を表現する。

 4階のVIPルームでは、「メイド・トゥ・メジャー」やパーソナライゼーションのサービスを提供する。「メイド・トゥ・メジャー」では、希少な繊維や高級ウールなどの上質な生地でフォーマルウエアをオーダーすることが可能。またVIPルームには専用の出入り口があり、期間限定の展示会や講演会などのイベントの場としても使われる予定だ。

 オープンを記念して、銀座店限定の商品を多くラインアップ。蓮の繊維からできた希少なテキスタイル“ロータス・フラワー”にシルクを合わせて仕立てたジャケットやフーディ、ケープ、スニーカーをはじめ、やわらかい “グレース・ナッパ” レザーを使用した“ゼリージュ・バッグ”などをそろえる。

■ロロ・ピアーナ銀座店
オープン日:6月1日
住所:東京都中央区銀座3-5-8
営業時間:11:00〜20:00(当面の間は11:00〜19:00の営業)

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら