ファッション

「ロロ・ピアーナ」が極細の最高級ウールを使用したインスタレーションを開催

 「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」は同ブランドの最高級ウール“ザ・ギフト・オブ・キングス(R)”のインスタレーションを、3月31日まで開かれている世界最大級のアートフェア「アート・バーゼル 香港(Art Basel Hong Kong)」で開催している。

 “ザ・ギフト・オブ・キングス(R)”は、オーストラリアとニュージーランドの生産者の協力のもとに「ロロ・ピアーナ」が調達する極細の希少なウールで、糸の太さは約12μmと、ベビーカシミヤの糸の約14〜15μmと比較しても大差はない。オーストラリアとニュージーランドで年間50万tのウールが取り引きされるのに対し、3t程度しか生産されない。

 同素材を使用したインスタレーションは原毛から、織ったファブリックに至るまでの変化を見ることができる。3つの部屋を設け、自然を尊重する「ロロ・ピアーナ」らしく雨や滝、波を再現することでウールの素材の柔らかさ、軽さ、純粋さを表す。

 ファビオ・ダンジェラントニオ(Fabio D'Angelantonio)=ロロ・ピアーナ最高経営責任者は「“ザ・ギフト・オブ・キングス(R)”は『ロロ・ピアーナ』の“至高を求める旅”の成果のひとつであり、この地球とそこから生まれる美への深い尊敬の念を形にしたものだ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら