ファッション

2019年春夏トレンドは“クリスピー&ストライプ”!? パリのテキスタイル見本市レポート

 世界最大のファッション素材見本市「プルミエール・ヴィジョン(PREMIERE VISION)」が2月13〜15日、パリで開催された。2019年春夏向けのテキスタイルを中心に、糸、レザー、アクセサリー、プリント図案、縫製まで、50カ国からファッション素材のサプライヤー1725社が出展した。100カ国以上からデザイナーやトレンドアナリストなどファッションの専門家約6万人が訪れる同展は、特にトレンド情報の発信に力を入れている。ファッションの最速のトレンドレポートをお届けする。

 19年春夏の特徴の一つが、タッチ。糸を強く撚ることで生まれるハリや、特殊な加工でパリっとドライな触感に仕上げている。薄くてもハリがあるため、全体的なシルエットはボックス型に移行しそうだ。

 18年の春夏から来年まで続きそうなのが、チェックとストライプ。チェックは春夏にはやや強めなパステルカラーとミックスした“パステルチェック”を要チェック。

 一方ストライプは暖色カラーとパステルをミックスした配色。このパステルとチェックだけでなく、スタイリングで上下やレイヤーでも、ストライプと暖色を組み合わせるのがトレンドになりそうだ。

 タッチでもクリスピーと対称的に、マシュマロ風味なグニャリとした風合いも。やや重めのシルエットながら、こちらはドレープ感も。

 ここ数年続くシルバー光沢はラメなどで控えめになりつつ、まだ続きそうだ。プラスチックやビジュー、スパンコールなどでワンポイントで使うタイプがイチオシだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら