ファッション

18-19年秋冬の日本の最旬テキスタイルを、気鋭の中国人フォトグラファーが撮り下ろす

 2018-19年秋冬向けの最新の日本のテキスタイルを、日本在住の中国人フォトグラファー、フィッシュ・チョウ(FISH ZHANG)がフィルムで撮り下ろした。真っ赤なルージュや現代的で乾いた感覚と、どこかノスタルジックなフィルム撮りは、不思議な都市“東京”のワンシーンを思わせる。ユニークなミックス感覚で撮り下ろされた日本の最旬テキスタイルをぜひご笑覧あれ。

We asked Chinese photographer Fish Zhang, who resides in Japan, to photograph Japan’s latest fabrics. Her bright reds and “dry” tone are what we think of as quintessentially Chinese, while her lm photography has a nostalgic effect. These two elements combined create an ethereal scene of metropolitan Tokyo. We hope you’ll be amused by this mix of photos of the latest in Japanese textiles.

Theme1 DARK AND NEON

 このテーマでは、光沢感のあるベルベットやラメ糸を使った薄手のシャンブレーツイルを、ダークカラーで仕上げたテキスタイルをセレクト。暗闇の中にネオンが瞬くようなイメージ。箔プリントやシリコンコーティングで、異質なタッチのアイテムも。

This theme features lightweight, dark-toned chambray twill crafted with glossy velvet and lame threads. The image envisioned here is of neon shining brightly against a dark background. These pieces are finished with contrasting details such as foil print and silicon coating.

choker:SHINDO
golden silk lame:TSUBOYOSHI ORIMONO
pink organza:DEBS TEXTILE

Theme2 MOUNTAIN SURFACE

 キーポイントは、山肌にインスピレーションを受けたかのようなテキスタイルのサーフェイス。アースカラーやベージュの起毛したコットン素材や短い毛足のファー、コーデュロイに加工を施したり、激しいダメージ加工やジャカードのデニムなどが、このテーマにピッタリ。天然素材のような合繊素材もイチオシ。

The key point of this theme is the fabric surface, which is inspired by the idea of mountains. The pieces feature various attributes designed to fit this theme precisely, including brushed cotton fabrics of earth tones such as beige, shaggy fur and corduroy, intense processing, jacquard denim and more. The synthetic fabrics shown here--made to look like natural fabrics--are highly recommended.

choker:KIYOHARA
tops:TAKIHYO
bottoms:MITSUBISHI CHEMICAL

Theme3 URBAN AND ETHNIC

 このテーマでは、エスニックな柄やカラー、テクニックをベースにしながらも、実際のテキスタイルには軽さや機能性を付与し、あえて都会的な雰囲気に。カラーも赤や赤茶などのエスニックカラーが中心。

This theme is based on ethnic design and colors as well as techniques. These pieces are made of light, highly functional textiles designed to create an urban sense of style. The colors are also mainly ethnic tones, including red and reddish-brown.

tweed textile:TAKIHYO
trimming braid:SHINDO
stripe pile tape:SHINDO
colorful nep rope:KIYOHARA

Theme4 RE-CLASSIC MIX

 グレンチェックや千鳥格子といったオーセンティックな柄を再解釈。メリノウールなどの上質でファインなウール素材を、ダブルフェースやボンディングで仕立て、ソフトなタッチとハリのある風合いを生み出している。

The theme here reinterprets authentic patterns such as glen check and hounds tooth. Utilizing quality fine wool such as merino, these pieces are finished with double facing and bonding, creating a soft finish.

houndtooth textile:STYLEM
tartan check textile:STYLEM
bottoms:stylist's personal belongings

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら