ファッション

世界有力企業の2018-19年秋冬向けテキスタイルスナップ(62枚)

 9月19〜21日、パリでファッション素材の総合見本市「プルミエール・ヴィジョン(PREMIERE VISION)」が開催された。卓越したトレンド情報の編集力と規模、厳しい選定などから、世界最高峰の素材見本市として知られ、テキスタイルを中心に、ファスナーやボタンなどのパーツ、糸、プリント図案、レザー素材などファッションに関わるサプライヤー約1950社が世界中から集結。世界129カ国・地域から約6万人が訪れた。その中から有力企業の最新テキスタイルスナップを厳選してお届けする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら