ファッション

「イッセイ ミヤケ」がたどり着いた “洗えるウールのプリーツ”という新世界

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は2018-19年秋冬コレクションで再び、新しいテキスタイルを使ったコレクションを発表した。14年春夏に発表した技法、蒸気で布を縮めて服を作る “スチームストレッチ”を用いて太番手の毛糸を織り込み、一見するとニットのような、それでいてプリーツのように弾む見たことのない生地の服を生み出した。

 技術の進化を背景にした新しいテキスタイルの発表は、「イッセイ ミヤケ」にとってもはや“当たり前”。それは変わらず強みだが、今季はむしろ、難しい技術を理解せずともショー自体から力強さを受け取る点が印象的だった。

 招待状には狼やトラなど野生動物の絵。会場はコンクリートを打ちっぱなしの洞窟のような空間で、中央に暖炉を模した明かりがともる。モデルはモコモコとした白やグレー、ネイビー、ブラウンの“ウール・ニット”や縫い目のないダウンコートに包まり、歩くたびに裾がバウンドする。その動きはどこか野生動物を連想させてしなやかだ。今季のパリコレは連日氷点下続きなこともあり、“今すぐそれに包まりたい”と思わされる服だった。

 さらに発表した服はいずれもウォッシャブルだという。生地の開発の背景について、宮前義之デザイナーは「気持ちとして、あったかいものを作りたかった。ウールのニットはともすれば重たく、ケアは少し面倒。プリーツを着てくださっているお客さんが冬に着るプリーツの服を作りたかった」と話している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。