ファッション

「イッセイ ミヤケ」×「ユナイテッド ヌード」、意表を突いたマリアージュ

 「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は2017年プレ・スプリング・コレクションから「ユナイテッド ヌード(UNITED NUDE)」とシューズを共同開発するプロジェクト「ISSEY MIYAKE×UN」を始動した。「イッセイ ミヤケ」がデザインディレクションし、「ユナイテッド ヌード」がデザイン・技術・素材の提案をするというものだ。未来へ続くモノ作りの可能性を探りながら、「点・線・面」をコンセプトに、ベーシックラインとコレクションラインを用意し、これまで手薄だったシューズビジネスを本格化する。

 ベーシックモデル“WRAP”は、“包む”をコンセプトに一枚のレザーで足を包み込むデザインが特徴で、極太のストレッチテープを用いフィット感を高め履き心地を追求している。一方、下駄を想起させるコレクションライン第1弾の“ROCK”は、“構造”をコンセプトに「岩の塊から削り出したようなダイナミックで構築的なフォーム」を追求しながらも、構造力学に基づいた機能性も備える。意外な2ブランドながらベストマッチングを見せた2組をつなげたのは青田行ユナイテッド ヌード ジャパン社長だ。

 宮前義之「イッセイ ミヤケ」デザイナーは青田行ユナイテッド ヌード ジャパン社長から提案があったとき「直感的にやりたいと思った。快適な日常のための機能性と女性の足元をより美しく見せる靴作りは究極のプロダクト・デザイン。新しい素材やテクノロジーを積極的に取り入れ、常に革新的な靴作りをしているレムさんの姿勢は『イッセイ ミヤケ』と通ずると感じたから」と振り返る。

 「イッセイ ミヤケ」にとってシューズはずっと課題のカテゴリーだった。「世界で勝負できる靴がなかなかできないのが悩みの種だった。靴っぽいものは作れてもプロダクトとしてとらえると、専門デザイナーはもちろん工場や職人を抱えているわけでもないので、大きな壁があった。新しいことへの挑戦にも限界があった」。「バオ バオ イッセイミヤケ」の大成功に加え、「イッセイ ミヤケ」のバッグラインが軌道に乗り始めたタイミングでもあった。とはいえ、「モノ作りは人と人。レムさんをはじめチームに会ってみないと決められなかった」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。