ニュース

グラフィックデザインの巨匠、田中一光と「イッセイ ミヤケ」のコラボ第3弾

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は、グラフィックデザイナー、田中一光の作品をモチーフにしたコレクション“イッコウ タナカ イッセイ ミヤケ(IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE)”の第3弾を発売した。2次元のグラフィックが着用によって立体的になることを利用し、からだの動きに合わせて流れる布の表現や素材選びで作品の魅力を引き出したコレクションだ。価格はロングコートが9万円、ワンピースが3万8000〜4万円、バッグが1万1000円、サンダルが4万5000円、トップスが1万1000円、パンツが4万2000円、ショートパンツが1万9000円。

 同コレクションは、ひらがなやアルファベットがモチーフの“WORKシリーズ”、ヒモの結び目がモチーフの“ROPEシリーズ”で構成される。“WORKシリーズ”は1月6日から「ミー イッセイ ミヤケ(ME ISSEY MIYAKE)」青山店で先行販売中で、2月1日に「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」青山店と六本木店、イッセイ ミヤケ ギンザ オモテ(ISSEY MIYAKE GINZA / OMOTE)、エルトブ テップ イッセイミヤケ センバ(ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / SEMBA)で発売する。“ROPEシリーズ”は3月1日から「ミー イッセイ ミヤケ」青山店で取り扱う。

 田中一光は、琳派や浮世絵などの美意識と西洋のモダンデザインを取り込んだ作品が特徴のグラフィックデザイナー。ロフト(LOFT)のロゴデザインや「無印良品」の立ち上げ、西武百貨店のアートディレクションで知られる。なお、同コレクションで採用したグラフィック作品は“イッコウ タナカ イッセイ ミヤケ”特別サイトで公開している。

あなたにオススメ