ファッション

インド独立の象徴 手織り布“カディ”を紹介する展覧会開催

 21_21デザインサイト(21_21 DESIGN SIGHT)は4月18日〜5月13日の間、ギャラリー3で「Khadi インドの明日をつむぐ -Homage to Martand Singh-展」を開催する。インドテキスタイル文化を世界に紹介し、多数の展覧会を主導して、インドの繊維文化の振興に尽力したキュレーターで昨年死去したマルタン・シン(Martand Singh)にフォーカス。インドの文化に深く根付いた伝統的綿布“カディ(Khadi)”の歴史や思想を紹介する。

 “カディ”はインド各地で作られている手つむぎ、手織りの綿布。イギリスの植民地統治下のインドで、マハトマ・ガンディー(Mohandas Gandhi)がイギリスへの反抗の意味を込めて生産を奨励したことで知られている。同展覧会では“カディ”の展示に加え、“カディ”の普及に努め“マプー(Mapu)”の愛称で親しまれたシンの記録映像や、“カディ”の生産現場を写した映像などを公開する。

 また、開催同日の4月18日から「ハート」青山店は関連イベントとして「INDIAN CRAFTSMANSHIP-インドのものづくり-」を開催する。シンにまつわる展示や、「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」から引き継いで「ハート」で行われている“KHADI”シリーズの販売を行う。

 開催初日には森岡書店のオーナーの森岡督行、音楽家・映像作家の岡本憲昭、21_21デザインサイトプログラムディレクターの前村達也ら3人によるトークショーが行われる。5月11日には、「ハート」のトータルディレクションを手掛けるテキスタイルデザイナー皆川魔鬼子によるトークイベントも開催される。

■Khadi インドの明日をつむぐ -Homage to Martand Singh-展
日程:4月18日〜5月13日
時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日(5月1日は開館)
場所:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9-7-6
入場料:無料

■INDIAN CRAFTSMANSHIP-インドのものづくり-
日程:4月18日〜
時間:11:00〜20:00
場所:「ハート」青山店
住所:東京都港区南青山4-21-29
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら