ビジネス

バージョンアップの履歴を示そう エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年11月29日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

バージョンアップの履歴を示そう

 先日、バイオアーティストの福原志保さんがトークセッションで「テクノロジーの世界は、プロトタイプのバージョンアップを続けることで新しいものを生み出している。だから、(バージョンアップの)履歴って大事」とお話してくださって以降、「履歴」の価値を考えています。︎

 「履歴」と聞いて、真っ先に思い浮かんだのは、来年ラインを刷新する「ディオール(DIOR)」のスキンケアライン“カプチュール”です。先日、壮大な規模の発表会(というよりも、幹細胞にまつわる最新かつ入門編の学会でした)に並んでいたのは、歴代の“カプチュール”。変わりゆくボトルデザインを見るのも楽しかったし、「なるほど、こうやって進化してきたのか」と体感するのに有効でした。

 そして先週、そんな履歴を製品名に付しちゃうビューティブランドに出合いました。「アジャイル コスメティクス プロジェクト」というブランドです。このブランドは、リリース→フィードバックの回収→改善→バージョンアップのリリースという、どこも当たり前のように行なっているサイクルを明らかにしながら、今、最新の製品はどの段階にあるのか?何回バージョンアップを繰り返したのか?などをサイトで明示しています。看板商品のオイル美容液は現在、バージョン1.24のフィードバックを受付中。もう一つの美容液はバージョン1.07を増産しており、バージョン名は製品ラベルに明記されています。

 おもしろ〜い。このバージョンアップの明示は、製品の買い替えを促すし、消費者のフィードバックに応える誠意も表現していますね。そして、蓄積された履歴はレガシー(遺産)となり、ブランドの哲学やストーリーに発展するでしょう。

 考えるとファッションだって、特に定番はバージョンアップを繰り返しているのに、なかなか履歴がビジブルじゃないですね。コレがもっと分かりやすい形で発信できれば、消費者の共感を得られるのではないでしょうか?

 履歴的な「文書は破棄した」なんてのたまう政府に白々しい思いを抱かざるを得ない今日この頃。ますます履歴を残し、見せることの重要性を感じるのです。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。