ファッション

LVMHのアルノー会長、買収した「ティファニー」のNY本店に現わる

 ティファニー(TIFFANY & CO.)を162億ドル(約1兆7658億円)で買収したLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者(CEO)が、12月5日に「ティファニー」のニューヨーク5番街本店を訪れた。買収の発表後、同氏が正式に同店を訪問するのはこれが初となる。

 同氏は、次男のアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=リモワ(RIMOWA)CEOと三男のフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)=タグ・ホイヤー(TAG HEUER)戦略・デジタル担当ディレクターのほか、アントニオ・ベローニ(Antonio Belloni)LVMHグループ・マネジングディレクター、アニシュ・メルワニ(Anish Melwani)米LVMH会長兼CEOを伴って訪れ、アレッサンドロ・ボリオーロ(Alessandro Bogliolo)=ティファニーCEOと共に75分間ほど店内の各階を見て回ったが、大勢の警備員に囲まれてものものしい雰囲気だった。

 「ティファニー」本店は現在改装中で、2021年に新装オープンする予定だ。なお、LVMHは仏プロヴァンス地方にある名門ワイナリーのシャトー・デスクラン(CHATEAU D’ESCLANS)の株式過半を取得したことを11月29日に発表したばかりだが、次は伊フットボールクラブACミラン(AC MILAN)を買収するのではないかという噂が浮上している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら