ファッション

LVMHがティファニーを買収 ジュエリー事業でさらなる存在感

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」などを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、ティファニー(TIFFANY & CO.)と買収について合意に至ったことを発表した。1株あたり135ドル(約1万4580円)、162億ドル(約1兆7496億円)超相当で買収する。

 創業1837年のティファニーはアメリカ発のラグジュアリーブランドで世界に約300店を構える。2019年1月期の売上高は前期比6.5%増の44億4210万ドル(約4797億円)で、純利益は同58.4%増の5億8640万ドル(約633億円)の増収増益だった。

 この買収によりLVMHはウォッチ&ジュエリー部門をさらに強大にし、アメリカでの存在感をより高めることになる。ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者は「ティファニーをグループに迎えられることを非常にうれしく思う。類い稀なヘリテージとユニークなポジションを築いているグローバルなジュエリーブランドであり、われわれは多大に尊敬し、賞賛している。グループのメゾンとして、ブランド発展のために尽力する」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。