ファッション

LVMHアルノー会長の長女が同グループの執行委員会入り

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY-LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者(CEO)の長女で「ルイ・ヴィトン」のエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるデルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)を執行委員に任命した。現在、執行委員会はマイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトンCEOや、ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=クリスチャン・ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)会長兼CEO、シャンタル・ガンペルレ(Chantal Gaemperle)LVMH人事・シナジー部門ディレクターなど11人で構成されている。1975年生まれで43歳のデルフィーヌは最年少での就任となり、ガンペルレ人事・シナジー部門ディレクターに次いで2人目の女性執行委員となる。

 アルノー会長兼CEOは、「デルフィーヌを執行委員会に迎えることができ、大変うれしく思っている。委員会に女性が増えると同時に、若々しくなった。彼女はプロダクトに関する専門知識を生かして『ルイ・ヴィトン』の発展に大いに貢献してきた。今後は、特に若い世代のデザイナーやクリエイターへの深い理解をもってグループ全体に貢献してくれるだろう」と語った。

 デルフィーヌは英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LONDON SCHOOL OF ECONOMICS)と仏EDHEC経営大学院(EDHEC BUSINESS SCHOOL)で学び、米大手コンサルティング会社のマッキンゼー(McKINSEY)でキャリアをスタート。2000年にジョン・ガリアーノ(JOHN GALLIANO)に転職してファッション業界の経験を積み、01年にLVMHのグループ会社であるクリスチャン・ディオール クチュールのコマーシャル・ディレクターに就任。同ブランドのデピュティ・エグゼクティブ・ディレクターを務めた後、13年にルイ・ヴィトンに移って現職に就任し、ナンバー2としてプロダクト全体を監督してきた。また、デルフィーヌが13年に設立した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」は若手デザイナーの登竜門として大きな成功を収めている。夫は有名な仏実業家で、12年に通信会社「フリー(FREE)」を設立したグザヴィエ・ニール(Xavier Niel)。

 デルフィーヌ以外にも、アルノー会長兼CEOの子どもたちはLVMHの傘下ブランドで要職についており、長男のアントワン・アルノー(Antoine Arnault)はベルルッティ(BERLUTI)のCEO、二男のアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)はリモワ(RIMOWA)のCEO、そして三男のフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)はタグ・ホイヤー(TAG HEUER)に在籍している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。