ファッション

LVMHがティファニーを買った5つの理由

有料会員限定記事

 「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」などを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)が、ティファニーを162億ドル(約1兆7496億円)で買収すると正式に発表した。ファッション業界において史上最高額での取引となる。すでに一大帝国を築いているLVMHが、買収額を引き上げてでもティファニーを獲得したかった理由を分析する。(この記事はWWDジャパン2019年12月2日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2906⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら