ビジネス

「マーク ジェイコブス」がLGBTQレインボーメイク

 「マーク ジェイコブス ビューティ(MARC JACOBS BEAUTY)」は、LGBTQムーブメント「プライド」を、単なるLGBTQパレード以上のものにすることを目指したSNSキャンペーン「#GratefulNotHateful」をスタートした。

 同キャンペーンでは、マーク・ジェイコブスの他、LGBTQコミュニティーからメイクアップアーティストのグラム・ボーイ・ジェイ(Glam Boy Jay)、トランスジェンダーモデルのハンター・シェーファー(Hunter Schafer)、アリエル・ニコルソン(Ariel Nicholson)、ダラ・ノーマン(Dara Norman)、トレイシー・ノーマン(Tracey Norman)、ユーチューバーのマニー・ムア(Manny Mua)の7人が、レインボーカラーの7色のうち、1色の“ハイライター ジェル アイ クレヨン(Highliner Gel Eye Crayons)”をそれぞれ用いて登場する。

 マーク・ジェイコブスは「パレードを待たなくてもいい。毎日できる方法を見つければ誰かが聞いてくれるから」と語った。米国では毎年6月は「LGBT プライド マンス(LGBT Pride Month)」としてLGBTQコミュニティーに関するさまざまな催しが開かれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら