ファッション

「ナイキ」がLGBTQのシンボルカラーを使用したスニーカーを発売

 「ナイキ(NIKE)」は6月6日、LGBTQコミュニティーを象徴するラベンダー、ピンク、レインボーカラーや三角のモチーフを使用した“BETRUE(ビー トゥルー) コレクション 2018”を発売する。「ナイキ」取扱店舗一部と公式オンラインストアで販売する。

 同コレクションでは、“ヴェイパーマックス プラス(VAPORMAX PLUS)”(2万3000円)、“エア マックス 270(AIR MAX 270)”(1万6000円)、“ズーム フライ(ZOOM FLY)”(1万7000円)、“エピック リアクト フライニット(EPIC REACT FLYKNOT)”(1万6000円)の計4型を用意。LGBTQカルチャーの最も古いシンボルの1つであるラベンダーカラーを全型のディテールに使用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、❝脱炭素❞を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら