ファッション

ブルーボトルコーヒーが神戸に 京都店に続き、大丸松坂屋百貨店が誘致

 ブルーボトルコーヒージャパン(Blue Bottle Coffee Japan)は7月20日、関西2店舗目・国内9店舗目となる「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」を神戸・旧居留地にオープンする。同店は「京都カフェ」に続き、J.フロント リテイリンググループが掲げる「アーバンドミナント戦略」の一環として大丸松坂屋百貨店が進める神戸・旧居留地の周辺店舗開発の一環になる。

 「神戸カフェ」は既存店同様、スキーマ建築計画の長坂常が手掛ける。クラシカルな石造りのファサードを特徴とした建物内に入る「神戸カフェ」は、白を基調にしており、中央には真鍮素材の櫓(やぐら)を組み上げたコーヒーバーカウンターを設置する。

 同店では夏に合わせた新メニュー“コールドブリュー コーヒーゼリー”(280円)を7月20日から先行販売する。熱を加えずに長時間かけてゆっくりと水で抽出したコールドブリュー(水出しアイスコーヒー)をゼリーにしたもので、角のないまろやかな口当たりのゼリーに、クリーミーでなめらかな自家製パンナコッタを合わせる。また、「京都カフェ」オープン記念で開発されたスペシャルメニューの“グリーンティーミント クッキー”(200円)は、関西限定メニューとして「神戸カフェ」でも取り扱う予定だ。

 今回のオープンに先駆けて、6月23日〜7月8日に大丸神戸店でポップアップストアをオープンする。人気の“コールドブリュー”やオリジナルのミルクコーヒー“ニューオリンズ”に加え、夏季限定のコールドブリュー缶を販売する。「神戸カフェ」限定グッズは、数量限定の“ブルーボトルコーヒー トラベルマグ(ステンレス)”(3900円)と“スタッグ ミニ ポアオーバー ケトル(カッパー仕上げ)”(2万2000円)を発売する。

 なお大丸神戸店の周辺店舗開発は自社ビルからスタートした後、旧居留地内の他ビルにも大丸が窓口となりブランドショップの誘致を進めてきた。現在のブランド&店舗は約50になる。

■ブルーボトルコーヒー神戸カフェ
時間:8:00〜19:00
住所:兵庫県神戸市中央区前町1
座席数:63席

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。