ファッション

「ブルーボトルコーヒー」が関西初上陸、京都に出店 築100年の旅館をリノベーション

 「ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)」は、京都・南禅寺地区にある築100年の旅館をリノベーションして「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」を3月23日オープンする。百貨店を核に周辺エリアのにぎわいを作るアーバンドミナント戦略の一環で、大丸京都店の近くの祇園の町屋に「エルメス(HERMES)」(2016年11月〜17年7月)や「ウブロ(HUBLOT)」(17年8月〜)を誘致したのに続くプロジェクトとなる。

 同店は “コーヒーの楽しさを身近に”をコンセプトに、オリジナルアイテムを展示・販売するショップスペース、コーヒーの試飲ができるカッピングスペース、中庭に用意したテラス席、カフェスペースの4つの空間を作り上げた。

 また今回のオープンを記念して開発されたクッキー“グリーンティーミント クッキー”(200円)を先行販売する。和素材の抹茶と、さまざまなミントの中から選び抜いたフレッシュミントを合わせて仕上げた。スッキリとした味とやわらかな食感が特徴で、コーヒーと一緒に楽しむことができる。

 その他にも、同店限定のアイテムも併せて販売する。京都の街を散策するときに便利なサコッシュ(1850円)や、「ブルーボトルコーヒー」のマークをあしらったニットキャップ(1600円)、“KYOTO”の文字を落とし込んだピンバッチ(550円)などをそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら