ファッション

米国発のメキシカン「クロニック タコス」が日本上陸 限定メニューの“黒毛和牛すき焼きタコス”も

 K & BROTHERSは3月8日、米国発のメキシカン「クロニック タコス(CHRONIC TACOS)」を銀座にオープンする。「クロニック タコス」は、“1度食べれば病みつきになる”をコンセプトにカリフォルニア州オレンジカウンティに1号店を構える“ファストカジュアル”のメキシカンだ。“ファストカジュアル”とはファストフードとカジュアルレストランを掛け合わせた言葉で、近年は健康への関心の高まりもあり、“低価格 × 質の高さ”を備えたハイブリッドなファストカジュアル業態が急成長している。

 料理はフルカスタマイズのオーダーが可能で、注文を受けてから作るため出来立てを堪能できる。種類豊富なトッピングと、フラワー、コーン、クリスピータコスの3種類のタコスの生地を選び自分好みの味を楽しめる。“Nothing to hide(隠すものは何もない)”をブランドコピーに掲げ、客の目の前で調理するオープンスタイルをとる。肉は全て国産を使用し、保存料と合成着色料は無添加で、シーフードを使ったヘルシーなタコスも提供する他、ベジタリアンやグルテンフリーを求める人も味わえる。想定客単価は900円〜2500円。

 日本限定メニューの“黒毛和牛すき焼きタコス”は、甘辛いすき焼き味にした黒毛和牛をメインに、メキシカンと和食の融合を味わえるオリジナルフードだ。

■クロニック タコス
オープン日:3月8日
時間:11:00〜23:00
定休日:なし
場所:Daiwa銀座アネックスビル 1階
住所:東京都中央区銀座6-2-3
席数:55

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら