ファッション

独自の長期熟成で育まれた旨味 NY発のステーキ専門店が日本上陸

 オーイズミフーズは6月30日、ニューヨーク発のステーキ専門店「ベンジャミン ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」の日本1号店を六本木にオープンする。6月5日から予約受付を開始。現在ニューヨークで3店舗を展開しており、今回が米国外では初めての出店だ。

 同店は、レストラン格付けガイドブック「ザガット(ZAGAT)」のニューヨークのステーキハウス部門3年連続ベスト3位にランクインしたステーキ専門店。アメリカ農務省の最上グレード“プライム”に認定されたビーフを独自の製法で28日間以上熟成した肉を使用する。メニューは、シンプルに塩のみを振り高温で一気に焼き上げたティーボーンステーキ(1万6000〜3万2000円)やサーロインステーキ(9000円)などを用意。ランチタイムには、1日10食限定で熟成肉バーガー(2500円)なども提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら