ファッション

ベルギー発のベーカリーレストラン 世界初のディナーを提供する新店舗オープン

 ル・パン・コティディアン・ジャパン(LE PAIN QUOTIDIEN JAPAN)は6月1日、ベルギー発祥のベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン(LE PAIN QUOTIDIEN)」を東京ミッドタウンにオープンする。日本では、芝公園店、東京オペラ店に続く3店舗目の出店だ。

 東京ミッドタウン店には従来のブレックファスト(990〜1390円)、ブランチメニュー(2190円)に加え、全世界の店舗の中でも初となるディナーメニューが登場。「サーティーセブンクオリティミーツ(37 QUALITY MEATS)」などの肉専門店を手掛けるスティルフーズの監修によるグリルメニュー(2690〜6790円)や、有機農法を用いて作ったビオワイン(590円〜)、オーガニックシロップなどを使ったオリジナルカクテル(800〜900円)を揃える。閉店時間は23時で、3店舗中で一番遅くまで営業する。

 ル・パン・コティディアン(LE PAIN QUOTIDIEN)は、1990年に料理人アラン・クモンによってベルギーに創設されたオーガニック中心のベーカリーレストラン。現在パリ、ニューヨーク、ロンドンを中心に全世界に250店舗以上展開する。ベルギーのアンティーク家具の中で健康的なオーガニック料理を楽しむことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら