ファッション

手ぶらで目黒駅集合 屋上でBBQが楽しめる

 キャンプ場やバーベキュー場を運営するヒーロー(東京、新保孝三・社長)は、新業態の「バーベキューピット(BBQPIT)」をJR目黒駅直結の商業施設アトレ目黒1・B館の屋上に4月30日オープンした。

 バーベキューピットは約408平方メートルの敷地内に着席時最大96人、立食時最大150人を収容する。グリルやテーブル、調理器具、割り箸、皿、おしぼりなどはすべて準備されており、片付けも不要。つまり食材と飲料を持ち込むだけで、手軽に本格的なバーベキューを楽しむことができるのだ。

 アトレ目黒館内には肉や魚、野菜を取り扱う専門店がそろっており、飲料や調味料も現地調達が可能だ。バーベキューグリルのシェアで世界1位を誇る「ウェバー(WEBER)」の蓋付きガスグリルはオーブン効果も持ち、BBQビギナーもプロ顔負けの調理ができる。「薄切りのスライス肉よりも、厚切りのかたまり肉を」とバーベキューピットの中村一海・店長。

 1サイト(基本セット6人まで)で1時間3000円と手軽感もあり、今夏ビアガーデンに代わる選択肢に浮上しそうだ。また会場のレイアウト変更も可能なため、今後、展示会や映画・音楽イベントの場としての利用も検討している。

 オープンは午前10時で定休日はなし。「ランチタイムは、地元のママ友会の予約が多い。食材を持ち込めることで、アレルギーを持つお子さまにも安心してもらっている」と笹尾一純バーベキューピット・ディレクター。10月29日までの半期で、目標売上3500万円を目指す。ヒーローは1990年、日本で初めて公共公園において火器を使用したBBQスタイルを提案、実現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら