ファッション

ベイクルーズが“ビーン トゥー バー”チョコの火付け役をサプライヤーに新業態をスタート 

 ベイクルーズのグループ会社、フレーバーワークスは、“ビーン トゥー バー”(Bean to Bar)チョコレートをアレンジしたチョコレートスタンドの新業態「ハイ カカオ チョコレートスタンド(HI-CACAO CHOCOLATE STAND)」をスタートする。

 “ビーン トゥー バー”はアメリカのクラフトフードブームの中で誕生したカテゴリーで、豆(Bean)からバー(Bar)になるまでの全ての工程を1つの工房で完結することで、鮮度のいい素材や作り手のこだわりを重視する。世界的に“ビーン トゥー バー”の企業が広がる中で、フレーバーワークスは、そのブームの火付け役と言われるサンフランシスコ発祥のクラフトチョコレートカンパニー、ダンデライオン・チョコレート(Dandelion Chocolate)をサプライヤーに選んだ。ダンデライオンのチョコレートはカカオ本来の味を純粋に味わうために、シングルオリジンカカオ豆とオーガニックのケインシュガーのみを使用。日本法人もあり、現在は東京・蔵前と鎌倉、伊勢市に店舗を持つ。

 2月8日にオープンする「ハイ カカオ チョコレートスタンド」代官山店では、メーン素材となるカカオ含有量70%以上のチョコレートを使ったスイーツやドリンクを用意。外はサクサク、中はしっとりの“フォンダンショコラ”(450円)や、バタースコッチやキャラメリゼしたカカオニブを添えた“バタースコッチカカオサンド”(800円)、クリームチーズ&オレンジやざくろ&マスカルポーネなど4種類の“ブラウニー”(各180円〜)、“カカオソフトクリーム”(600円)、“チョコレートスプレッド”(380円〜)、“ロッキーロード”(250円〜)などがそろう。

 同旗艦店オープンに先駆けて、1月18日〜2月4日には、テイクアウト&ギフト向け商品をそろえた期間限定ショップを表参道にオープン。同店では、チャイやライムなど5種類のフレーバーが楽しめる一口サイズのカヌレ型フォンダンショコラ“チョコカヌレフォンダン”(各180円)やスパイスを効かせた“カカオシナモンバンズ”(220円〜)や“ホットチョコレートチャイ”(470円)などに加え、テイクアウト用の“フォンダンショコラ”(冷凍6個入り2700円)と“バタースコッチカカオサンド”(380円〜)を販売する。

■「ハイ カカオ チョコレートスタンド」表参道キオスク
オープン日:1月18日〜2月4日
時間:11:00〜20:00(L.O. 19:30)
定休日:不定休
住所:東京都港区北青山3-5-25-1階
席数:6

■「ハイ カカオ チョコレートスタンド」代官山店
オープン日:2月8日
時間:11:00〜20:00(L.O. 19:30)
定休日:不定休
場所:TENOHA代官山&NEXT
住所:東京都渋谷区代官山町20-23-1階
席数:12

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら