ファッション

世界初のリカバリーサンダル「ウーフォス」日本初上陸

 輸入代理店のアルコ インターナショナル(ALCO INTERNATIONAL)は、世界初のリカバリーシューズブランド「ウーフォス(OOFOS)」の独占販売権を獲得し、2018年2月から全国で発売する。リカバリーシューズとは、ランニングや激しいジムワークの後に履くことで、疲れた足のリカバリー(回復)を促すサンダルのこと。価格は5800~6800円。

 「ウーフォス」は2011年、米国・マサチューセッツ州で創業した。「リーボック(REEBOK)」の“フリースタイル(FREESTYLE)”を開発し、副社長も務めたポール・ブラウン(Paul Brown)「ウーフォス」共同創業者兼専務理事を筆頭に、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(ADIDAS)」などで要職を務めた5人のベテランが運営する。米国では1700店舗で販売されており、2016年の売り上げは21億円。

 主力素材である“ウーフォーム(OOFOAM)”は2年半の歳月をかけて開発したもので、一般的なEVA製ミッドソールに比べて衝撃を37%吸収する。また人間工学に基づいて設計された、足を包み込む形状のソールは土ふまずをしっかりサポート。膝、腰、背中にかかる負担を緩和する。アルコ インターナショナルの発案で、甲高な日本人の足に対応したモデルも製作される。

 降幡昌弘アルコ インターナショナル社長は、「アフタースポーツのみならず、普段の生活の中にも取り入れてほしい。足にさまざまな悩みを抱える方の助けにもなるはず」とコメント。ランショップをはじめ、イセタン スポーツ ゲート(ISETAN SPORTS GATE)やビーミング ライフストア by ビームス(B:MING LIFE STORE by BEAMS)、ベイフロー(BAYFLOW)などで発売し、初年度4万足の販売を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら