ファッション

「ビルケンシュトック」がコルソ・コモとコラボ あの“クルクル”柄がサンダルにも

 「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」は、ミラノのセレクトショップ、ディエチ・コルソ・コモ(10 CORSO COMO)とのコラボレーションを発表し、ミラノ・ファッション・ウイーク初日の20日に同店近くの広場ポルト・ガリバルディでイベントを開いた。

 広場には、可動式ショップ“ビルケンシュトック ボックス”が登場。貨物用コンテナを使用した同ボックスは、ベルリンにはじまり、ニューヨークを経てミラノにやってきた。コンテナのデザインは、ドイツの建築事務所ゴンザレスハース(Gonzalez Haase AAS)が手掛け、各地でカスタマイズされる。ミラノの場合は、ディエチ・コルソ・コモの壁などに描かれているアーティストのクリス・ルース(Kris Ruhs)による有名な柄が内装に取り入れられた。 

 コラボアイテムは定番の“アリゾナ”で、限定500足。クリス・ルースによる柄やディエチ・コルソ・コモのロゴが随所に描かれた6柄で、価格は270ユーロ(約3万6000円)。シューズに加え、バッグやアクセサリーを扱う。同店は9月30日まで。日本のオンラインストアでの販売も予定しているが、時期は未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら