ニュース

Tカードの利用者数が日本の総人口の50%突破、20代は80%超え

 カルチュア・コンビニエンス・クラブが提供するTカードの直近1年間の利用者数が6409万人を超え、日本総人口の50.4%を占めていることが8月末の調査で分かった。これは、直近1年間でTカードを利用し、かつカードを複数枚持つ人を1人の“アクティブ・ユニーク”な会員として換算したもの。各年代の日本の人口に対する割合は20代が82.4%、30代が75.0%、40代が74.0%、50代が65.6%、60代が47.8%、70代が32.9%。いずれの年代も前年同月比プラスの成長だ。

 月間利用者数は2017年8月末時点で4738万人、週間利用者は8月の平均で2976万人となり、いずれも過去最多の会員数。その他、Tカードを利用する男女1038人にポイントカードに関する調査をウェブ上で実施したところ「ポイントカードと言えばTカード」と答えた人は50.6%とだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら