ファッション

ミラノコレ、初日ハイライトは“破壊と創造“の「グッチ」

 9月20日に開幕した2018年春夏ミラノ・ファッション・ウイーク初日のハイライトは、やはり「グッチ(GUCCI)」だった。メンズ、ウィメンズあわせて100を超えるルック数は圧巻。日本からは二階堂ふみや坂口健太郎が来場。二階堂は黒の着物に「グッチ」のバッグやアクセサリーという粋なスタイルで「グッチ」らしい折衷主義を楽しんだ。

 ショー会場はスモーキーでうす暗い。至るところにローマやギリシャの神殿のような建物、エジプトにありそうな神の化身のようなオブジェ、裸体の彫刻など、異なる時代と文化を想起させる巨大造形物が置かれている。中には神殿の柱が床に倒れているエリアもある。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターの頭の中には今シーズン、“破壊と創造”というキーワードがあるようだ。「一度、破壊しないと創造できない」。そんなムードを演出でも伝えている。

 肩が大きくカーブしたメタリックなトップス、装飾を施したスポーティーなトラックパンツとジャージーなど80年代のスタイルがベースだ。しかし「ひとつのストーリーに留まるのではなく、そこにさまざまなアイデアや美学を加えていく」というミケーレの言葉通り、アイススケートのコスチュームのようなチュールのドレスや繊細なレースのドレスにはプリンス・オブ・ウェールズのメンズライクなジャケットを合わせ、頭にはストローハット。スタッズの付いたサングラスや太いチョーカーのスタイルも登場し、ミケーレらしい独創的な世界観を表現している。固定観念を一度壊し、新たに構築する“破壊と創造”のクリエイションを続けているのだろう。

 メンズは、スーツのパンツをはき忘れてしまったかのような、ジャケットにトランクスといったスタイルなど。リンゴを持った白雪姫のニット、ラビットをあしらったベスト、女性のように小さなポシェットも登場し、自由な遊び心が滲む。

 ヒットを続けるアクセサリーは、今シーズンも多彩だ。「GUCCY」と書かれたミニショルダーバッグや、巨大なトート、ヴィンテージロゴをあしらったラバーのバッグなど、バリエーションに富んでいる。シューズは引き続き、スリッポンやローヒール。一方で80年代のスタイルにマッチするシャイニーなピンヒールは新しい。

 ショー会場は、「グッチ」の着用者であふれている。それぞれがスタイルを楽しんでいる様子を見ると、ミケーレはまだまだ彼らの心を掴んでいるようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら