ファッション

「グッチ」が「フォーエバー21」を反訴 商標権侵害を再度主張

 ブルーとレッドまたはグリーンとレッドのストライプをめぐり、「フォーエバー21(FOREVER 21)」が「グッチ(GUCCI)」を相手取り、商標権を侵害していない旨や「グッチ」の商標権自体の取り消しを求めている争いについて、今度は「グッチ」が「フォーエバー 21」を相手取り反訴した。「フォーエバー 21」は今年6月、カリフォルニア地裁で訴訟を起こしていた。

 「グッチ」は、ストライプを“”ウェブストライプ”と名付け、商標登録。「フォーエバー21」に対して、ウェブストライプを含む「グッチ」の複数の商標を無断使用したとして、再三警告してきた。「フォーエバー 21」の訴えに対し、「グッチ」は法定外での決着を模索していたが断念。「フォーエバー21」の主張を棄却するよう求めたほか、商標権の侵害、商標の希釈、不正競争を主張した。「グッチ」のスポークスマンは「『フォーエバー21』は訴訟を起こしてわが社の商標権を取り消そうとしているが、われわれには、ブランドの最も重要なアイデンティティーである知的財産を守る用意がある。また、他のブランドも同様に苦しめられてきた、『フォーエバー21』の知的財産権侵害行為を永遠に終わらせる」と発表した。

 なお、「フォーエバー21」の代表者のコメントは取れなかった。

 「グッチ」のウェブストライプは昔からブランドで使用されてきたが、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ ディレクターが就任してからはバッグやアパレル、アクセサリー等で、幅広く採用されている。同社は現在、ウェブストライプを含む14のデザインを商用登録しており、最初の商標登録は1979年だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。