ファッション

「ロキシー」イベントに700人の女性がヨガ、ラン、サップ

 クイックシルバージャパンの「ロキシー(ROXY)」は7月1日、横浜八景島の海の公園で「ロキシー フィットネス ラン サップ ヨガ2017(ROXY FITNESS RUN SUP YOGA 2017)」を開催した。ビーチには約700人のアクティブな女性らが集合。曇り空で雨も心配されたが、予定通りイベントは朝9時過ぎにスタートした。

 イベントには、海外から「ロキシー」契約サーファーのケリア・モニーツ(Kelia Moniz)が参加したほか、インフルエンサーの“ロキシーガール(ROXY GIRL)”、楠レイミや長澤メイ、羽田りからも汗を流した。

 まずは全員で1時間のビーチヨガ。タレントの田中律子のMCで、ヨガ講師にタマオ(TAMAO)、タッコ(TACCO)、世界チャンピオンの三和由香利を招き、ビーチで開放的なヨガを体験した。ヨガが終わると、ランニングへ。参加者は海の公園を2周する4キロコースと、1周する2キロコースにそれぞれチャレンジ。午後からは晴れ間も見え、スタンドアップパドル(SUP)に挑戦した。SUP(サップ)とは、サーフボードの上に立って、パドルで漕ぐスポーツ。参加者は、海上のフロートを目標に一周し、タイムを競った。

 参加した都内在住の20代女性は「元々『ロキシー』が好きで、イベントのことは知っていたが、沖縄開催の時は参加できなかった。SNSで八景島で開催されることを知って、すぐに友達と参加を決めた。初めてビーチヨガを体験したが、足元が砂浜で自然を感じられる。サップもレクチャーを受けながら体験できて、とても楽しかった。次回も絶対に参加する」と話した。

 イベント終盤はインフルエンサーのベイビーキイ(BABYKIY)のライブで盛り上がった。

 「ロキシーフィットネス」は、ランニング、サップ、ヨガを通してビーチ遊びを楽しむ女性限定のイベントとして、2015年にスタート。現在はスペイン、ハワイ、フランス、カリフォルニアなどでも実施されている。日本での開催は4回目で、前回までは沖縄で行われていた。初の関東開催となった今回は、定員700人のチケットが、2週間で完売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら