ファッション

「ロキシー」の新コレクションにジャスティン・ビーバーの妻 サーファーのケリア・モニーツと仲良しショット

 ボードライダーズジャパンの「ロキシー(ROXY)」は、新コレクション“SISTER”の広告塔に歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の妻でモデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber、旧姓ヘイリー・ボールドウィン)と、サーファーのケリア・モニーツ(Kelia Moniz)を起用した。同コレクションのテーマは“女性の友情を祝福すること”で、ニューヨークで共通の友人を通じて知り合ってからずっと親友だという2人の友情からインスピレーションを得て製作。撮影はハワイで行われ、カメラマンはケリアの夫でヘイリーとは友人でもあるジョー・テルミニ(Joe Termini)が務めた。コレクションは、ベーシックアイテムから斬新なデザインのスイムウエアなど幅広くラインアップする。
 
 ヘイリー・ビーバーは「親友と仕事ができるなんて本当に素晴らしい!ケリアの故郷であるハワイでの撮影は全てが楽しかった。女性の友情を称える『ロキシー』の姿勢をリスペクトしているので、今回一緒に仕事をできたことうれしく思っている」と話す。

 ケリアはハワイ出身のサーファーで、これまでに2度ワールドチャンピオンに輝くなど世界的に知られている。「ロキシー」のグローバルライダーとしても活躍しており、自身のインスタグラムには32万9000フォロワーを持つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら