ニュース

「ロキシー」の新コレクションにジャスティン・ビーバーの妻 サーファーのケリア・モニーツと仲良しショット

 ボードライダーズジャパンの「ロキシー(ROXY)」は、新コレクション“SISTER”の広告塔に歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の妻でモデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber、旧姓ヘイリー・ボールドウィン)と、サーファーのケリア・モニーツ(Kelia Moniz)を起用した。同コレクションのテーマは“女性の友情を祝福すること”で、ニューヨークで共通の友人を通じて知り合ってからずっと親友だという2人の友情からインスピレーションを得て製作。撮影はハワイで行われ、カメラマンはケリアの夫でヘイリーとは友人でもあるジョー・テルミニ(Joe Termini)が務めた。コレクションは、ベーシックアイテムから斬新なデザインのスイムウエアなど幅広くラインアップする。
 
 ヘイリー・ビーバーは「親友と仕事ができるなんて本当に素晴らしい!ケリアの故郷であるハワイでの撮影は全てが楽しかった。女性の友情を称える『ロキシー』の姿勢をリスペクトしているので、今回一緒に仕事をできたことうれしく思っている」と話す。

 ケリアはハワイ出身のサーファーで、これまでに2度ワールドチャンピオンに輝くなど世界的に知られている。「ロキシー」のグローバルライダーとしても活躍しており、自身のインスタグラムには32万9000フォロワーを持つ。