ニュース

ボードライダーズが米国に初出店 顧客とのコミュニケーションを重視した店舗づくりを目指す

 「クイックシルバー(QUIKSILVER)」「ロキシー(ROXY)」「DCシューズ(DC SHOES)」「ビラボン(BILLABONG)」などを展開するボードライダーズ(BOARDRIDERS)は、カリフォルニア州マリブに初出店した。ボードライダーズは欧州に12店舗、オーストラリアに2店舗を構え、今回が米国初出店となる。

 同店舗では、店舗から直結するビーチでヨガ教室を開校したり、アートの展示や地元のバンドによる演奏、バーバーショップ、カフェなどを展開する。ボードライダーズのネイト・スミス(Nate Smith)社長は、「ピエール・アニエス(Pierre Agnes)前最高経営責任者の夢だった、ボード愛好家のための実験的な空間作りを意識した」とコメントした。

 同店舗は、商品を売る他にコミュニティハブを目指すという。「小売りの環境が変化していることは皆が知るところだ。消費動向も変化しているし、それに合わせて消費者とのコミュニケーション方法も変化している。商品を売るだけの典型的な店では顧客とのコミュニケーションを取りづらい。新店では、顧客がカフェで買ったコーヒーを持って店のバルコニーに座って海を眺める。その後に店に陳列してある商品を見てもらうという流れを作った。この方が顧客とコミュニケーションを取りやすい」。

 スミス社長によると、2年以内にマリブ店と類似したロケーションに新規出店予定だという。また、最終的にはアメリカで年1店舗のペースで出店することを目指すという。