ビジネス

「クイックシルバー」経営者が行方不明 フランスでボートだけ発見

 フランス当局は1月30日(現地時間)、米サーフウエア企業で「クイックシルバー(QUIKSILVER)」を手掛けるボードライダーズ(BOARDRIDERS)社のピエール・アニエス(Pierre Agnes)最高経営責任者(CEO)の捜索を開始した。当局は同日、フランスの西海岸でアニエスCEOが所有するボートを発見したという。「クイックシルバー」は、本社をフランス南西部に置いている。

 アニエスCEOは現在54歳。30日は朝7時半にボートに乗り沖合に向かったようだが、その後の足取りがつかめていない。現地では海と空からアニエスCEOを捜索中だ。

 投資会社オークツリー キャピタル マネジメント(OAKTREE CAPITAL MANAGEMENT LP)傘下のボードライダーズは今月、オーストラリアのサーフブランド「ビラボン(BILLABONG)」などの買収計画を発表。オークツリー キャピタル マネジメントは、同社のダブ・ターナー(Dave Tanner)=マネジング・ディレクターをボードライダーズ社の新CEOに任命して組織改革を進める意向だったが、それでもアニエス現CEOには社長のポジションを用意する計画だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら