ビジネス

クイックシルバー親会社がビラボンを買収か

 クイックシルバー(QUIKSILVER)の親会社、ボードライダーズ・インク(BOARDRIDERS INC.)がビラボン インターナショナル(BILLABONG INTERNATIONAL以下、ビラボン)を1億9800万オーストラリアドル(約168億3000万円)で買収する提案をしたことを明らかにした。

 ビラボンは「この提案はまだ不確実であり、『ビラボン』のみに対する提案かどうかも不明」としており、精査を今後数週間以内に精査を行い、株主に随時最新情報を提供していく。同社は再建計画の最中で、中小ブランドを整理し、「ビラボン」「RVCA」「エレメント(ELEMENT)」の主要3ブランドに注力してきた。

 「クイックシルバー」「ロキシー(ROXY)」「DCシューズ(DC SHOES)」を擁するボードライダーズは、日本の民事再生法にあたる連邦破産法第11条を申請していたが、16年2月に投資会社オークツリー キャピタル マネジメント(OAKTREE CAPITAL MANAGEMENT LP)が救済。オークツリー キャピタル マネジメントは現在ボードライダーズの19%の株式を所有している。17年3月にはクイックシルバー・インク(QUIKSILVER INC.)からボードライダーズに改名した。この買収が実現すれば、2大サーフブランドが1社の傘下に収まることになる。 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら