ビジネス

クイックシルバー親会社がビラボンを買収か

 クイックシルバー(QUIKSILVER)の親会社、ボードライダーズ・インク(BOARDRIDERS INC.)がビラボン インターナショナル(BILLABONG INTERNATIONAL以下、ビラボン)を1億9800万オーストラリアドル(約168億3000万円)で買収する提案をしたことを明らかにした。

 ビラボンは「この提案はまだ不確実であり、『ビラボン』のみに対する提案かどうかも不明」としており、精査を今後数週間以内に精査を行い、株主に随時最新情報を提供していく。同社は再建計画の最中で、中小ブランドを整理し、「ビラボン」「RVCA」「エレメント(ELEMENT)」の主要3ブランドに注力してきた。

 「クイックシルバー」「ロキシー(ROXY)」「DCシューズ(DC SHOES)」を擁するボードライダーズは、日本の民事再生法にあたる連邦破産法第11条を申請していたが、16年2月に投資会社オークツリー キャピタル マネジメント(OAKTREE CAPITAL MANAGEMENT LP)が救済。オークツリー キャピタル マネジメントは現在ボードライダーズの19%の株式を所有している。17年3月にはクイックシルバー・インク(QUIKSILVER INC.)からボードライダーズに改名した。この買収が実現すれば、2大サーフブランドが1社の傘下に収まることになる。 

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら