ニュース

荒木経惟と「サンローラン」のコラボビジュアルがコレット閉店最後のウィンドーを彩る

 アラーキーこと写真家の荒木経惟と「サンローラン(SAINT LAURENT)」がコラボして製作したアートビジュアルが、12月20日に閉店するパリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)の最後のウィンドーを飾る。同プロジェクトは11月27日から閉店まで同店2階で開催中の「サンローラン」のポップアップイベントの一環で、12月2日から展示される。

 “Saint Laurent Shiki-in”もしくは“lust for color”と題された全16種のビジュアルには「サンローラン」2017-18年秋冬の広告ビジュアルにも登場したアンジャ・ルービック(Anja Rubik)を起用。ヒールを着用したヌード姿にロープを巻きつけたり、ジャケット以外ヌード姿のルービックを荒木経惟がモノクロ写真で撮り下ろした。それをブルーやレッドのペイントで彩り、両者の世界観が共存したビジュアルに仕上がっている。

 「サンローラン」とコレットは、13年に当時のクリエイティブ・ディレクターのエディ・スリマン(Hedi Slimane)が「Ain’t Laurent Without Yves.(イヴの存在しないサンローランなんて)」と書かれたパロディTシャツを同店が販売したことに激怒して以来、交流が途絶えていたが、16年2月に和解。これを祝して「サンローラン」は当時もコレットのディスプレーを飾った。また、閉店後のサントノレ通りのコレットは「サンローラン」が引き継ぐことになっている。