ファッション

「エルメネジルド ゼニア」がスイムウエアをスタート

 「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」はブランド初となるスイムウエアコレクションをスタートする。まずクリスマスを夏に迎えるオーストラリアで、ホリデーシーズン消費をねらい8日にシドニー、メルボルン、ブリスベンの旗艦店およびオーストラリア公式ECサイトで一般発売し、2018年初めに世界で発売する。

 コレクションは、スイムトランクス、ポロシャツ、ボートネックTシャツ、タオル、トートバッグなど67アイテムをそろえる。価格帯は、ベーシックなボクサーパンツで68〜357ドル(約7500〜3万9000円)、鍵やお金を入れられるウォータープルーフのポシェット付きトランクスが357ドル(約3万9000円)、ストライプのトートバッグは703ドル(約7800円)、タオルは217〜346ドル(約2万4000〜3万8000円)だ。

 「エルメネジルド ゼニア」のアンダーウエアを手掛けるカリスマ グループ(CARISMA GROUP)傘下のテキスタイル製造会社、ISAセータ(ISA SETA)がスイムウエアコレクションを製作。速乾性のナイロンやコットンとテフロンを混紡した軽量のテクニカルファブリックを使用した。

 アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)「エルメネジルド ゼニア」アーティスティック・ディレクターは「私の考える『エルメネジルド』スタイルは、ビーチコレクションなしには完成しない。マイクロライトやウルトラライトのサッカー生地のような革新的な素材は、新しい『ゼニア』の美的価値にもマッチしている」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら