ファッション
連載 ビジネスリポート

マッシュ傘下の「バブアー」が好調 ルミネ新宿はセレクト大型店の2ケタ増で猛暑&暖冬をクリア(2023年下半期)

有料会員限定記事

JR新宿駅南口に2館を構えるルミネ新宿は、平日の通勤客復活、インバウンド需要などプラス要因がありつつも、ポップアップスペースの新設やイベントの開催でさらに話題性や集客力の向上を図る。23年下半期の商況を、草薙恵美子ルミネ常務取締役新宿店長に聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月26日号会員限定特別付録「ビジネスリポート 2023年下半期」からの抜粋です)

WWD:2023年下半期の商況は?

草薙:売上高の前年同期比は9.5%増。猛暑と暖冬で苦しい戦いだったが、さまざまな取り組みをすることでなんとか挽回できた。雑貨や化粧品、食料品、飲食は2ケタ増だったが、衣料品は5.7%増にとどまった。ルミネ1が好調で衣料品は10.7%増。「トゥモローランド(TOMORROWLAND)」や「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」などメンズ・ウィメンズ複合の大型店が21.7%増とけん引した。7、8月は猛暑が続く中のバーゲンは前年以上に売れたし、加えてプロパー併売を強化した。シーズン立ち上がりの“IT’S NEW” WEEKキャンペーンも定着してきており、気温が下がらない中、シアー素材やレース、リネンのものや、カーゴパンツやデニムなどのシーズンレスアイテムが売れ筋に挙がっていた。 9月の秋冬商戦は厳しかった。コートを早めに見せるも、実売のタイミングは遅れた。ただ、アウターでも「バブアー(BARBOUR)」「ハイク(HYKE)」「ザ・リラクス(THE RERACS)」の別注など希少性のあるものは非常に好調だった。「ダントン(DANTON)」「フェニックス(PHOENIX)」「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」など、ネームバリューのあるブランドも訪日客需要を含めてよく売れた。11月に入ってVIP用のプレセールやブラックフライデーセールなど、さまざまな対策により売り上げを作ることができた。

この続きを読むには…
残り2117⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。