ファッション

ブルーボトルコーヒーが三軒茶屋にオープン ひと息つける“茶屋=休憩所”

 ブルーボトルコーヒージャパンは10月末、国内7店舗目の三軒茶屋カフェをオープンする。店舗は、栄通り商店街の築50年の旧診療所をリノベーション(東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18)。スキーマ建築計画の長坂常が、店舗の空間アレンジを担当した。コンクリートを基調にした空間と緑豊かな庭のコントラストが魅力だ。店舗面積は約94平方メートルで、33席を設ける。地名の通り、地元の人たちの“茶屋=休憩所”としてコーヒーを楽しんでもらえる場所を目指す。

 同店では、清澄白河ロースタリー&カフェにあるロースタリーで焙煎した新鮮なコーヒー豆を使用し、注文を受けてから1杯ずつコーヒーを淹れる。コーヒーに合わせたペイストリーも、毎日キッチンで焼き上げて提供する予定だ。

 ブルーボトルコーヒーは、2002年にジェームス・フリーマン(James Freeman)によって創業された。おいしさのピークまでエイジングした豆を使用し、コーヒーを提供。店舗オープンにあたっては、既設のロースタリーから、焙煎したてのコーヒーが配送可能な範囲にのみカフェを作る。サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、東京の5都市に38店舗を出店しており、年内にマイアミ、ボストンへの進出を予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。