ニュース

畳でコーヒーが飲めるスタバ、京都にオープン 築100年超えの日本家屋を再利用

 スターバックス コーヒー ジャパンは6月30日、世界で初めて入り口にのれんをかけた「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」をオープンする。同店は、世界遺産の清水寺に続く二寧坂に位置し、築100年を超える2階建ての日本家屋を使用した店舗。主屋と大塀は伝統的建造物に指定されている。
 
 のれんをくぐった先には、カウンターの光と庭から入る光が差し込む一本の通路があり、「通り庭」を歩くような体験をできる。前庭、中庭、奥庭には、それぞれ蹲(つくばい)を設置し、伝統的な庭の空間を演出する。2階には、畳の上でコーヒーを楽しめる座敷があり、京都の丹後ちりめんを使った座布団やオリジナルの掛け軸も用意する。