ファッション

「ラグ & ボーン」が表参道店をリニューアル 初のコーヒーショップも

 ニューヨークブランド「ラグ & ボーン(RAG & BONE)」は3月30日、表参道にある旗艦店をリニューアルオープンする。また、米国カリフォルニア州発のコーヒーショップ「ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)」とコラボしたカフェ「ラグ & ボーン コーヒー(RAG & BONE COFFEE)」を地下1階にオープンする。

 同店は2010年に米国外初の直営店としてオープンした。リニューアル後は1階にウィメンズ、2階にメンズを集積し、地下1階にカフェをオープン。ブルックリンのショップで作られた什器やブランドのモチーフであるダガー(短剣)のサイン、レコードプレイヤーなどが店内を飾る。2階には世界で活躍するグラフィティアーティストのSUIKOが手掛けたアートが壁一面を彩る。最近コレクションとともに、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、アートを楽しめる空間になっている。

 地下1階のコーヒーショップはスタイリストの宇佐美陽平がディレクションし、ショップのロゴは「ガールズ ドント クライ(GIRLS DON’T CRY)」を手掛けるアーティストのVERDYが製作した。ショップオープンを記念し、VERDYのロゴを施したTシャツやスエットシャツ、マグカップ、タンブラーを限定販売する。また、カフェメニューはコーヒーの他、相性の良いアメリカンワッフルを提供する。

 オープンに合わせて来日したデザイナーのマーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright)は「日本ビジネスのパートナーが代わり、『ラグ & ボーン』にとって新たなスタートを切ることができた。日本はわれわれにとって大事なマーケットだが、まだ成長の余地があるのが現状。ファッションはもちろん、アートや音楽、ライフスタイル全般を大切にしてきたブランドのコアバリューをまずは知ってもらうことが大事だと思い、ただ洋服を買える場所ではなく、アートや音楽に触れたり、コーヒーを楽しんだり、人が集まれる場所を作りたかった。『ラグ & ボーン』コミュニティーが広がるスポットとして成長させたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら