ファッション

「ラグ & ボーン」が「スター・ウォーズ」とコラボ 「最後のジェダイ」公開と同時に発売

 「ラグ & ボーン(RAG & BONE)」は「スター・ウォーズ」とコラボしたカプセルコレクションを12月15日、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の公開と同時に発売する。メンズウエア、ウィメンズウエア、シューズ、Tシャツ、アクセサリーなど全22アイテムをそろえ、各100個限定で「ラグ & ボーン」の一部店舗と公式ECサイト、12月1日にリニューアルオープンするディズニー(DISNEY)公式ECサイトで販売する。価格は95〜1295ドル(約1万〜14万7000円)。なお、「ラグ & ボーン」公式ECサイトは日本への配送も受け付けている。

 同ブランドの創業者、マーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright)最高経営責任者(CEO)兼クリエイティブ・ディレクターは、「スター・ウォーズ」の大ファン。「スター・ウォーズ」のフィギュア集めに夢中だった少年時代はフォースと共にあったという。ルーク・スカイウォーカー(Luke Skywalker)を演じたマーク・ハミル(Mark Hamill)をキャンペーンビジュアルに起用するなど、ルーカスフィルム(LUCASFILM)、ディズニーとも友好関係にあるという。

 「『スター・ウォーズ』のものを『ラグ & ボーン』らしくコレクションに落とし込むのは簡単じゃなかったが、『スター・ウォーズ』のファンじゃない『ラグ & ボーン』の顧客も気兼ねなく着られるコレクションに仕上がったと思う。『スター・ウォーズ』のファンも『ラグ & ボーン』のファンも気に入る非常にウエアラブルなコレクションだよ」とマーカスCEO兼クリエイティブ・ディレクター。

 メンズはルーク・スカイウォーカーからインスパイアされたTシャツから、オビ・ワン・ケノービのフーディー、ストームトルーパーのスエット、ウィメンズはレイア姫が着想源のTシャツやミリタリー要素を取り入れたメリノウールのニットなどを用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら