ファッション

「ラグ & ボーン」がデニムのリサイクルキャンペーンを開始 新品デニム購入時に割引き

 「ラグ & ボーン(RAG & BONE)」はコットン インコーポレイテッド(COTTON INCORPORATED)の“ブルー ジーンズ ゴー グリーン(Blue Jeans Go Green)”プログラムに協賛し、デニムのリサイクルキャンペーンを実施する。ブランドを問わず不要なジーンズを引き取る代わりに、同ブランドのデニムを新たに購入すると20%引きにするキャンペーンだ。持ち込み本数に上限はなく、新品購入時の割引きは持ち込んだ店舗で同日に限るという。

 2006年に始まった“ブルー ジーンズ ゴー グリーン”プログラムは、回収したデニムをボンデッド ロジック(BONDED LOGIC INC.,)がデニムの断熱材“ウルトラタッチ”素材へと作り変え、世界中の団体へ寄付するプログラムだ。

 同ブランドの創業者であるマーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright)最高経営責任者兼クリエイティブ・ディレクターは「いまだかつてない程、環境を守るために各自が責任を持たなければならない。同プログラムはブランドが貢献できる大きなチャンスで、わが社はこのリサイクルプログラムを実施できることを光栄に思う。正直なところ、わが社のデニムが不要デニムとして持ち込まれるかどうかに関心があるが、いずれにしても、ブランドとして正しいことをしていると考える」と語った。

 同プログラムは10月10日から12月31日までの期間限定で、全米の直営店で実施する。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら