ニュース

「ラグ & ボーン」が香水デビュー

 NYブランドの「ラグ & ボーン(RAG & BONE)」が初のフレグランスコレクションをローンチした。8つのユニセックスの香りをラインアップし、価格は140ドル(約1万4400円)。まずは「ラグ & ボーン」店舗と公式サイトで販売し、今後卸への展開も検討している。なお、日本で販売する予定はない。

 香料大手のフィルメニッヒ(FIREMENICH)とともに開発したのは、「ウード(OUD)」「アンセンス(ENCENS)」「アンバー(AMBER)」「サイプレス(CYPRESS)」「ベルガモット(BERGAMOT)」「ネロリ(NEROLI)」「ローズ(ROSE)」「オーディティ(ODDITY)」の8つの香り。マーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright)=ラグ & ボーン最高経営責任者は「ウエアと同様、メンズにもウィメンズにも好んでもらえるフレグランスを作りたかった。 クラフツマンシップを大切にしているわれわれは、原材料からパッケージまで最高品質のものにこだわった」と語る。ボトルははドイツ・テッタウのガラス工場で作られ、丸みを帯びたデザインとビンテージのドアノブをイメージしたキャップが特徴。

 香水業界では近年、1つのラインに複数の香りをラインアップし発売するフレグランスコレクションが人気を集めている。消費者に複数の選択肢を与えることでより幅広いターゲット層を狙えるほか、香りを組み合わせてパーソナライズする楽しみ方を与える。9月に「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が70年ぶりに香水コレクション「レ・パルファン・ルイ・ヴィトン(Les Parfums Louis Vuitton)」を発売した他、「プラダ(PRADA)」「ディオール(DIOR)」「トム フォード(TOM FORD)」などもフレグランスコレクションを手掛けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら