ファッション

ニコラス・デイリーが初来日  「カルチャーとクラシックの融合」を語る

 ジャマイカ系イギリス人デザイナーのニコラス・デイリーが日本国内のショップ視察などのために初来日した。セントマーチン美術大学を2013年に卒業したばかりの若さながら、サヴィルロウでの勤務経験、音楽や民族的な要素をミックスしたコレクションで注目を集めている。自身のルーツや、大きな波になりつつある、ユース世代のファッション感に迫る。

WWDジャパン(以下、WWD):初来日のきっかけは?

ニコラス・デイリー(以下、ニコラス):自分のブランドを取り扱っているショップを一度見たかった。ビームスは最初のコレクションから取り扱ってくれているので、どんなショップなのか実際に見てみたかった。コレクションピースの生地を作っている工場もそうだけど、自分と近い関係性にある人やショップを大事にしたいと思っているんだ。イギリスだと電話1本で事足りるけど、日本でもその関係性を築きたいと思っている。後は買い物を楽しみたいな。

WWDジャパン:日本のファッションに触れてどんな印象を持った?

ニコラス:渋谷の街を歩いて、スタイリングや洋服のプレゼンテーションが面白いと感じた。ロンドンでは比較的決まった着こなしが多いけど、日本の若者は個々で独自のファッションを楽しんでいる。あと、遥か彼方の日本で自分の服、フィロソフィーを理解してくれている人達がいるということに驚いているよ。自分にとって良い相互関係を築けていると思えたし、クリエイションにも影響する。

WWD:メンズファッションのトレンドとして1990年代のカルチャーに影響を受けたデザイナーが注目を浴びているが、この流れをどう思うか?

ニコラス:ゴーシャ(ラブチンスキー)たちがそうだと思うけど、ロンドンのドーバー ストリート マーケットでも目立つ場所で販売されているし、本当に人気。ただ、自分はそのスタイルと異なる。ひとつのブランドで固める必要はなくて、好きなスタイルを自由にミックスして、ブランドの良い点を取り上げるミックスコーディネートが好きだね。その点では日本は進んでいると思う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら