ファッション

「グッチ」のショーで自身の生首を抱えたモデル 「生首は本物の私よりも高い」とコメント

 2月21日に開催された「グッチ(GUCCI)」2018-19年秋冬コレクションのショーで、2人のモデルが自身の顔にそっくりな“生首”を持って登場した。リアルすぎる“生首”に会場は肝をつぶしたが、“生首”を持ったロシア人モデル、ウニア・パホモワ(Unia Pakhomova)が自身のインスタグラムでこれについてコメントした。

 パホモワは22日、「私のDM(ダイレクトメール)欄が質問であふれている。その中で一番多いのが『グッチ』は私に“生首”をくれたのかという質問。答えはノー。この“生首”は本物の私よりも高いわ」という冗談交じりのキャプションとともに、自身のインスタグラムのストーリー機能に、“生首”と自分の写真を投稿。“生首”の製作費がモデルのキャスティング料よりも高いことが明らかになった。

 「グッチ」2018-19年秋冬コレクションには、“生首”の他、小さなドラゴン、カメレオン、ヘビ、3つ目のモデル、角の生えたモデルなども登場し、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターのシュルレアリスム的な世界観が色濃く表れていた。

 パホモワは「グッチ」2016年春夏メンズ・コレクションから「グッチ」のランウエイやキャンペーンビジュアルにたびたび登場している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら