ビジネス

勢い止まらぬケリング、17年度は4000億円の売り上げ増 「グッチ」は前期比42%増の8000億円

 ケリング(KERING)の2017年12月通期決算は売上高が前期比24.9%増の154億7770万ユーロ(約2兆585億円)、純利益は同119.5%増の17億8560万ユーロ(約2374億円)で増収増益だった。この好調を受け、ケリングは17年の株主配当は前年比30%増の1株当たり6ユーロ(約800円)に引き上げる。

 地域別の売上高は、既存組織および現地通貨ベースで西欧が同32.3%増、北米が同22.9%増、日本を除くアジア太平洋地域が同32.7%増、日本も同10.9%増で、主要地域で2ケタ増を記録した。

 ブランド別の売上高は、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)がクリエイティブ・ディレクターを務める「グッチ(GUCCI)」が同41.8%増の62億1120万ユーロ(約8260億円)、「サンローラン(SAINT LAURENT)」が同23.0%増の15億140万ユーロ(約1996億円)、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が同0.2%増の11億7630万ユーロ(約1564億円)、保有する株式の70%を株主に現物分配する「プーマ(PUMA)」は同13.9%増の41億5170万(約5521億円)だった。デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)がアーティスティック・ディレクターを務める「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の売上高は明らかにしていないが、6〜12月期の成長率は他ブランドよりも高かったという。

 「グッチ」は、17年6月時点で掲げていた売り上げ目標60億ユーロ(約7980億円)を初めて突破。18年も引き続き2ケタ増を見込んでいる。ミケーレのディレクションのもと、17年末までに全529店舗中152店舗を改装し、18年はさらに90店舗を改装する予定だ。インスタグラムのフォロワー数も前年比70%増の2120万で、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2130万を追い越しそうな勢いを見せている。

 フランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)は「17年のケリングは桁外れなほど好調で、1年間で30億ユーロ(約3990億円)も売上高を伸ばした。特に『グッチ』の業績には目覚しいものがあり、すべての市場で需要が伸びていることを実感した。『グッチ』には、われわれが予想していたよりも圧倒的なポテンシャルがある。だが急ぎはせずに、ゆっくり堅調に伸ばしていく」と語る。

 「サンローラン」については中長期的に20億〜30億ユーロ(約2660億〜3990億円)の売上高を目指し、店舗数を増やしていく。「バレンシアガ」については、中長期的に売上高10億ユーロ(約1330億円)を目指す。レザーグッズとアクセサリーで見込みがあるが、“トリプル S(TRIPLE S)”のようなヒット商品に頼りすぎないことを心がけるという。「ボッテガ・ヴェネタ」はニューヨークのマディソン・アヴェニューを開店した他、銀座にも19年半ばまでに新規店舗をオープンする。270店舗中30店舗を改装し、ミレニアル世代に合わせてスモールレザーグッズの品ぞろえを増やす。

 17年度決算の結果は絶好調だったが、決算会見を受けた2月13日の同社株価終値は前日比4.0%減の365ユーロ(約4万8500円)だった。為替変動が17年6〜12月期の売上高に悪影響を及ぼしたため、商品の価格を上げることを検討しているというジャン・マルク・デュプレ(Jean Marc Duplaix)最高財務責任者の発言が株売りの要因になったようだ。

 ケリングのライバルで、「ルイ・ヴィトン」「フェンディ(FENDI)」「セリーヌ(CELINE)」などを擁するLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の1月末に発表された2017年12月通期決算は、売上高が前期比13.3%増の426億3600万ユーロ(約5兆5670億円)、純利益も同28.8%増の51億2900万ユーロ(約6821億円)と増収増益だった。

 ピノー会長兼CEOはベイン&カンパニー(BAIN & COMPANY)のラグジュアリーファッション業界が平均で6〜7%の推移で伸びているという調査結果を挙げ、ケリングのラグジュアリーファッション部門が特に好調であることを強調し、「われわれの目標は、クリエイティブ、社会的、環境的責任、経済的パフォーマンスすべての面で、世界で最も影響力があり革新的なラグジュアリーグループとなることだ」と宣言した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。