ビジネス

「クレージュ」の新デザイナーが決定 「ジル・サンダー」と「アクネ ストゥディオズ」などを経験

 「クレージュ(COURREGES)」は2月26日付で、新アーティスティック・ディレクターにドイツ出身の女性デザイナーのヨランダ・ゾベル(Yolanda Zobel)を任命する。昨年7月に退任したセバスチャン・メイヤー(Sebastien Meyer)とアルノー・ヴァイヤン(Arnaud Vaillant)の後任。ゾベルによるファーストコレクションは、今年9月末に発表される2019年春夏になる。

 ビジネスSNS「リンクトイン(LinkedIn)」のプロフィール情報によると、ゾベルは1999~2008年に「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」で経験を積み、08~11年にはフリーランス・デザイナーとして「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」のウィメンズのプレ・コレクションを担当。11~13年には同ブランドでウィメンズのデザイン・ディレクターを務めた。その後、15年には「ジル・サンダー(JIL SANDER)」でウィメンズウエアのクリエイティブ・マネジメントを担当していた。

 2月12日付で、クレージュの新CEOに就任したクリスティーナ・アーレアス(Christina Ahlers)もドイツ生まれで、「アクネ ストゥディオズ」の出身者。同社ではパリ本社のトップを務めていた。

 クレージュのオーナーであるジャック・バンジェール(Jacques Bungert)とフレデリック・トルロタン(Frederic Torloting)は「ゾベルは“『クレージュ』とは何か”をきちんと理解できると確信している。われわれは新体制のもと、成長サイクルを始めようとしているところ。クリスティーナと共に『クレージュ』をクリエイティブとコマーシャルの両方で、リーディングブランドへと立ち返らせたい」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。