ビジネス

「クレージュ」のデザインデュオが退任へ

 「クレージュ(COURREGES)」は、アーティスティック・ディレクターのセバスチャン・マイヤー(Sebastien Meyer)と アルノー・ヴァイヨン(Arnaud Vaillant)が退任することを発表した。退任は双方の合意によるもので、後任については4月に就任したフランソワ・ル・メナエーズ(Francois Le Menaheze)社長が近日中に発表する予定だ。「クレージュ」は、「彼らは『クレージュ』の作法や、ブランドのユニークさとイノーベイティブ精神を象徴する独特の形を再解釈するという目標を達成した。二人はこれから新たなクリエイティブ・プロジェクトに専念する」と発表した。
マイヤーとヴァイヨンは、「コぺルニ(COPERNI)」で2014年度ANDAMファースト・コレクション賞を受賞して業界の注目株となったが、「クレージュ」に専念するため、同ブランドの活動を休止していた。

 3月に本社で発表された2017-18年秋冬コレクションが「クレージュ」での最後の仕事となった。発表は巨大なスクリーンにコレクションの映像を投影し、デザイナー自身がその場で解説するという、テクノロジー業界で頻繁にみられる手法を取った。

 ともに27歳のマイヤーとヴァイヨンは今後について、ジャケット、ミニスカート、ニット、構築的なドレスという4つの強みと、楽観主義、スマートデザイン、対話という3つの価値観に焦点を当てていくと公表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら