ファッション

トップモデル、ココ・ロシャの2歳の娘がパリコレデビュー 親子で愛らしいポージングを披露

 2016年にブランドを立ち上げてデザイナーとしての顔も持つカナダ出身のトップモデル、ココ・ロシャ(Coco Rocha)が、3月で3歳になる愛娘のイオニー・ジェームス・コンラン(Ioni James Conran)と共に、「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」2018年春夏オートクチュール・コレクションのランウエイを歩いた。

 ショーには、おそろいのヘアスタイルで黒いハートが大きくあしらわれた氷を思わせる非対称のドレスに、オペラグローブと白いタイツを合わせたスタイルで登場。手を繋いで歩き、途中ココのポージングに合わせイオニーも真似するといった愛らしい場面も見られた。

 ショー後、ココは「お腹の中にいる息子、そして娘と歩いたこの日を一生忘れない!ありがとうゴルチエ♡」とインスタグラムを更新。投稿は「Mini coco!」「This is soooo cute」などのコメントで溢れている。

 ココ・ロシャは1988年生まれの29歳。15歳でモデルデビューし、ランウエイだけでなく数多くのメゾンのキャンペーンでも活躍する。カナダ出身ながらロシア人、アイルランド人、ウェールズ人の血を引いているため肌が白く、モデルの前にアイリッシュ・ダンサーとして活動していたことから体が非常にしなやかで、“踊る妖精”の異名を持つ。現在、男の子を妊娠中。

 イオニー・ジェームス・コンランは2015年3月28日生まれの2歳で、父親はココの夫でアーティストのジェームス・コンラン(James Conran)。ココが運営するインスタグラムではすでにインフルエンサー顔負けの6万フォロワーを抱えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。