ファッション

トップモデル、ココ・ロシャの2歳の娘がパリコレデビュー 親子で愛らしいポージングを披露

 2016年にブランドを立ち上げてデザイナーとしての顔も持つカナダ出身のトップモデル、ココ・ロシャ(Coco Rocha)が、3月で3歳になる愛娘のイオニー・ジェームス・コンラン(Ioni James Conran)と共に、「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」2018年春夏オートクチュール・コレクションのランウエイを歩いた。

 ショーには、おそろいのヘアスタイルで黒いハートが大きくあしらわれた氷を思わせる非対称のドレスに、オペラグローブと白いタイツを合わせたスタイルで登場。手を繋いで歩き、途中ココのポージングに合わせイオニーも真似するといった愛らしい場面も見られた。

 ショー後、ココは「お腹の中にいる息子、そして娘と歩いたこの日を一生忘れない!ありがとうゴルチエ♡」とインスタグラムを更新。投稿は「Mini coco!」「This is soooo cute」などのコメントで溢れている。

 ココ・ロシャは1988年生まれの29歳。15歳でモデルデビューし、ランウエイだけでなく数多くのメゾンのキャンペーンでも活躍する。カナダ出身ながらロシア人、アイルランド人、ウェールズ人の血を引いているため肌が白く、モデルの前にアイリッシュ・ダンサーとして活動していたことから体が非常にしなやかで、“踊る妖精”の異名を持つ。現在、男の子を妊娠中。

 イオニー・ジェームス・コンランは2015年3月28日生まれの2歳で、父親はココの夫でアーティストのジェームス・コンラン(James Conran)。ココが運営するインスタグラムではすでにインフルエンサー顔負けの6万フォロワーを抱えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら