ファッション

モデルのココ・ロシャがデザイナーデビュー

 モデルのココ・ロシャ(Coco Rocha)は夫でアーティストのジェームス・コンラン(James Conran)、ロサンゼルスを拠点とするパラゴン プロジェクト社(PARAGON PROJECT)とともにブランド「コー プラス コー バイ ココ・ロシャ(CO + CO BY COCO ROCHA)」をローンチする。小売価格は80〜300ドル(約9400〜3万5400円)を予定し、ココ・ロシャの公式サイトおよび小売店で販売する。

 ファーストコレクションは、プリントトップスやボックスシルエットのジャケット、メッシュ素材を用いたシャツなどをそろえる。また、特徴的なグラフィックプリントは夫の絵からとったものだという。ココは「このブランドはアスレジャーとストリートウエアの融合よ。メッシュなどの素材でアスレチズムを表現しているけど、新しい素材や価格帯で勝負したい。私は本気よ。皆に『彼女はモデルだからなんでも売れるのよ』とは言われたくないの」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら